よくある質問

お客様から頂いたご質問にお答えしております。ご質問等ございましたらお問い合わせ下さい。
Q原材料の鶏肉とは?
A ビルジャックは、たんぱく質源として、新鮮な鶏の生肉を使用しております。
弊社の鶏肉は、他社から仕入れず弊社専属の養鶏場の鶏肉のみを使用しております。もちろん人間が食べられる品質のものだけであり、鶏一羽一羽に個体識別番号が付けられています。お客様に胸を張って、ヒューマングレードだと言うために、専属の養鶏場を持っております。他社から仕入れることは一切致しません。
100g当たり約80gもの新鮮な鶏の生肉を使用することで、高い嗜好性を実現しています。
安心・安全、そして美味しいドッグフードをご提供します。
Q原材料の鶏の副産物(アルギニン源である鶏肉の内臓のみ)とは?
A ビルジャックの重要な原材料の一つとして、鶏の副産物があります。
ビルジャックに入っている鶏の副産物は鶏の内臓のみです。
ワンちゃんは元来肉食動物です。
野生の肉食動物は、まず草食動物の内臓を食べます。
草食動物の内臓には、肉食動物が消化吸収できる状態になった草や野菜、穀物が含まれており、これらが肉からは得られない糖分や食物繊維、ビタミンやミネラルとなるのです。
また、腸内環境を整える生菌も一緒に摂取することができます。
お肉だけでは、たんぱく質以外のこういった栄養素が足りません。

人間も同じく鉄分等をとるために、内臓であるレバーを食べるのと同じことです。

副産物というのは、正肉以外の全ての部分を指します。
副産物の入ったドッグフードは良くないというお声をいただきますが、これは事実ではありません。
副産物が悪いのではなく、副産物に含まれるクチバシやトサカなどが悪いのです。
副産物は、栄養価の高い内臓を含め、そういった栄養価の低い部分も含まれているので誤解を生んでしまうのが理由です。

ビルジャックの原材料である『鶏の副産物』には、鶏の内臓しか含まれていません。

栄養価が高い内臓は、ワンちゃんのフードに非常に重要な栄養素です。
Q原材料のとうもろこし、オートミールとは?
A ビルジャックの原材料には、炭水化物源として、とうもろこしとオートミールを使用しています。
肉食動物とはいえ、ワンちゃんは炭水化物を必要とします。具体的には、炭水化物に含まれている糖分や食物繊維を必要とします。これは哺乳類全体に必要な栄養分であり、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、水を必要としています。ただし、それぞれの動物によって、必要としている栄養素それぞれの割合が違うのです。
またとうもろこしは、米などの炭水化物と比べ、低い血糖指数を有することが分かっておりますし、オートミールには、他の穀物や野菜と比べて食物繊維が豊富に含まれているだけでなく、ビタミンやミネラルなども含まれています。
ビルジャックは、“選んで”とうもろこしとオートミールを使用しております。

ドッグフードへの穀物は必要な栄養分ではないというお声をいただきます。
理由は、肉食動物であるワンちゃんは炭水化物を分解する酵素を持っていないため、栄養分を吸収することが出来ず便として出てきてしまうというご指摘や、分解・消化できず大きな粒子のまま吸収しようとするので、アレルギー反応が出てしまうといったものです。

これらはある意味真実ですが、ビルジャックには全く当てはまりません。

ビルジャックは、肉食動物が分解しづらい複合炭水化物を使用せず、単一炭水化物にしております。つまり、最初から分解する必要がなく、しっかりと吸収できる状態にしているのです。また単一炭水化物なので粒子が細かく、アレルギー反応も心配いりません。

一般的なドッグフードに含まれている炭水化物は、複合炭水化物が使用されているため、先に述べたような「消化しづらい」や「アレルギー反応がでる」と言われてしまう所以なのです。

安易に原材料だけを見て良し悪しを判断するのではなく、作り方や保存方法などワンちゃんの口に入る時に安全・安心なものなのか、ワンちゃんの身体の中に入った時に十分に栄養素を得られるのかをこだわったフードがビルジャックなのです。
Qビルジャックがこだわっている酸化防止剤について
A ビルジャックのドッグフードの最も多い原材料は鶏肉となります。
他社と違ってビルジャックは加工された鶏肉ではなく、直接、専属の養鶏場の鶏肉を使用しています。
ビルジャック独自の作り方(アミノヘルス製法)により生食に近いドッグフードを作ることができます。
ビルジャックの原材料は全て加工されたものではなく本物の原材料を使用しています。皆様がお家で使う材料と同じです。脂に関しても、製造中に鶏肉から得られる脂そのものを使用しています。そのため、作りたての美味しさと栄養素を保持するために酸化防止剤(プロピオン酸ナトリウム、混合トコフェロール、BHA、ローズマリー抽出物)を使っています。

BHAを使わず、天然の酸化防止剤だけを使用しているフードもあります。
ビルジャックは生食に近いドライドッグフードの為、天然酸化防止剤以外にもBHAをあえて使用しています。
ビルジャックにも天然の酸化防止剤である混合トコフェロールやローズマリー抽出物が含まれていますが、天然の酸化防止剤のみでドッグフードの脂の酸化を予防することは難しいと考えております。脂が酸化し過酸化脂質を常食する方が、逆にワンちゃんの発がんリスクを高める可能性がや、ワンちゃんの健康に害を与える可能性があると考えています。

BHAはフードに含まれている脂の酸化を防ぐために使用されております。これは皆様が使用しているバターなどにも使われています。コンビニエンスストアの食べ物などに使われている防腐剤等と同じものです。
BHAが発がん性物質であると、よくネット上等で書かれていますが、それはラットに対して基準量の500倍以上のBHAを投与し続けた結果、ラットの前胃が発がんしたという実験に基づいております。ペットフード安全法にも基準量が決められております。人間や、馬、犬、ネコなどの前胃を持ってない生き物に関しては発がんを認められておりません。

何を与えるかではなく、どれくらいの量を与えるか、天然の原材料だけで作られたものが安心なのか、ワンちゃんが摂取する時、そして消化・吸収する時に自然なものになっているのかどうかが、重要であると考えています。

ビルジャックの高い品質と栄養価を保つことによって、ワンちゃんに美味しく、安全に食べてもらえるために、厳選した酸化防止剤を使用しているのです。
Qビルジャックの高消化な炭水化物とは?
A ビルジャックの炭水化物源は、専属の農場から得られるとうもろこしを使用しています。
安さではなく品質にこだわる為に、遺伝子組換されたとうもろこしは使用しません。

一般的なドッグフードには、複合炭水化物が使われます。これは、私達が食べる穀物と同じ形であり、でんぷんや糖分、食物繊維が連なっている炭水化物になります。これは、本来肉食動物であるワンちゃんには、分解しづらい栄養源となります。
ただし、炭水化物が分解された栄養分である糖分や食物繊維はワンちゃんにとっても重要な栄養素になります。
ビルジャックのとうもろこしは独自の製造方法により「複合炭水化物」ではなく、「単純炭水化物」にします。
単純炭水化物にすることによって、肉食動物が分解する必要なく、消化・吸収できる炭水化物となります。
Qビルジャックの天然の脂肪酸とは?
A ビルジャックの原材料に脂が使われておりません。
脂肪成分が入っていないわけではなく、後から添加された脂ではなく、原材料である鶏肉や亜麻仁から製造工程で得られる天然の脂肪酸のみです。

ビルジャックは、一般的な製造方法である高温高圧製法ではありません。150℃近くの熱を加えてしまうと、原材料から得られる本来の脂肪酸が流れ出してしまいます。流れ出した脂を補うために、製造工程で脂の吹き付けを行わなければなりません。ドッグフードを触ると脂っぽいのがその証拠です。
ビルジャックは独自の『真空アミノヘルス製法』により74℃という低い温度で調理することができるため、原材料から得られる天然の脂肪酸を逃しません。
原材料に動物性油脂や菜種油、大豆脂などが含まれていないのは、そのためです。
Qビルジャックの良質なたんぱく質とは?
A ビルジャックの主要たんぱく質源は、新鮮な鶏肉と鶏の内臓です。ビルジャックの使用する鶏は、自社の専属養鶏場の鶏しか使いません。それは品質と安全をお客様にお約束するためです。
一般的な方法である他社から原材料を仕入れた場合、どのような状態で飼育されていたのか、どのような手順でと殺されたのか、自社で管理することはできません。

ビルジャックの鶏肉と鶏の内臓は、養鶏場から30分間チルド配送で工場に輸送され、すぐにドライフードとなります。ビルジャックよりも新鮮なたんぱく質を使用する会社はありません。
また新鮮だからこそできる、ビルジャック独自の製造方法『真空アミノヘルス製法』により74℃という低い温度で調理することができます。一般的な高温高圧製法では、150℃近くの熱を加えるため、アミノ酸が熱変性を起こしてしまいます。ビルジャックの低温低圧製法は真空状態にすることでたんぱく質のアミノ酸を熱変性から守ります。だからこそ、ビルジャックには生肉の美味しさと栄養分が残っているのです。
Qビルジャックフードの製造年月日と消費期限の読み方は?
A
Bil・Jac®の製造年月日はすべて1月1日を基準として計算します。
1005-03
8 AUG 16
前半の4ケタが製造年月日、残り2桁はアメリカでの製造ラインを表しています。
左から4桁目の数字は西暦の末尾を意味しています。
左側3桁は1月1日から数えて何日目かを、001~365(366)の数で表しています。100日目は4月10日に該当し、左記のように1005と表された商品の製造年月日は2015年4月10日です。
製造年月日と並んで表示されている物は消費期限です。
(日 - 月 - 年)2016年8月8日を意味します。
開封後は冷暗所で保管し、消費期限にかかわらず、なるべくお早めに消費してください。
QBil・Jacフードは何処に行けば購入できますか?
A 以下の中からお探しの地域をクリックして下さい。全国の販売店一覧がご覧になれます。
また、販売店情報は随時更新されますので予めご了承下さい。
⇒こちらのページ内に一覧で販売店が出ておりますのでご確認下さいませ。
※お近くに販売店がないお方はお気軽にお問い合わせ下さい。
お電話 : 03-3610-9506  または  お問い合わせフォーム
Q私の犬が肥満気味なのですが、ダイエットフードが嫌いです。
Bil・Jac®ライトだと食べるでしょうか?
A Bil・Jac®ライトフード(リデュースファット)はとてもおいしくできています。ライトはタンパク質と脂肪が低減されていますが、愛犬が大好きな上品質の新鮮な消化の良い肉をふんだんに使用していますので、栄養価のバランスが良く、美味しく食べてくれるでしょう。
Q安いドッグフードの方が経済的ではないのでしょうか?
なぜBil・Jac®のようなブランド品を食べさせるのでしょう?
A Bil・Jac®ですと安いドッグフードの半分の量で十分な栄養が取れるでしょう。愛犬が喜び、栄養価が高く健康に良いBil・Jacを食べさせること により、獣医さんにかかる回数と費用が節約出来る様になるかも知れません。安いドッグフードが本当に経済的かよく考え直して見て下さい。
Q新しく子犬が生まれて何を与えれば良いのかわかりません。
なぜBil・Jac®を与えると良いのでしょうか。
A 短期間で成長する子犬には栄養の豊富な良い食べ物を与えることがとても大切です。
Bil・Jac®の真空加工製法で製造された良質な新鮮肉を原料にした栄養満点のパピーフードは小粒ペレットなので子犬でも食べやすく、消化しやすく出来ています。水を混ぜて与えることが出来、意地悪な兄弟をママのお乳から遠避けるのに一役かってくれるかもしれません。
最初の一年位で子犬は成犬サイズに成長します。この大切な時期に最高の栄養価のあるBil・Jac®を与える事が、子犬の持つ健康的なボディーの成長可能 性を引き出してあげるのに大きな効果があります。子犬が最初の1年間で失ったものは後からでは取り返す事が出来ません。
Q栄養価の高いドッグフードを与えると犬が太ると聞きましたが本当でしょうか?
A Bil・Jac®のように栄養価の高いドッグフードを与えられている愛犬は、少ない量からより多くの栄養を吸収することが出来ます。Bil・Jac®は量を膨らませるだけの安いフィラーを使用せず、より良い原料を使用するからです。愛犬には人間の食べ物やスナックを与えずに適量のBil・Jac®を与えれば、少ないドッグフードで、愛犬は健康的なボディーになるでしょう。もし、既に肥満気味の愛犬でしたら、Bil・Jac®リデュースファットをお試しください。
Qチキンの副産物ミールってなんですか?
A 他の会社の事はなんとも言えないことかもしれませんが、Bil・Jac®社は原料とその品質管理に注意を払っている自信があります。 Bil・Jacは原料に栄養価の高い、フレッシュな鳥肉、モツの生肉を使用しています。(袋に記載されている原料をお確かめ下さい)野生の肉食獣は獲物の 内臓から食べ始めます。本能でそこにタンパク質が一番含まれている事を知っているからです。ペットの犬や猫も同じです。Bil・Jac®社は栄養に関して 65年以上も研究を重ねており、栄養バランスを良く配慮した原料のブレンドを行っております。Bil・Jac®のチキン副産物には鳥の頭、足、羽は含んでお りません。栄養価の高いモツのみを使用しております。
QBil・Jac®って今まで聞いた事がなかったんですが、新しい会社ですか?
A Bil・Jac®社は65年以上も(1947年創業)最高品質のドッグフードとして知られています。何十年もの間、成功を収めているブリーダーの秘密として愛用され続けています。マジソンスクエアーガーデンで行われるAKCウェストミニスター展覧会等で優勝しているブリーダーだけでなく、テレビや映画に出演しているスター犬や猫にも愛食されています。あのすばらしい毛並みや健康的なボディーはBil・Jac®のおかげだということをブリーダーは心得ています。
Qビートパルプとはなんですか?なぜBil・Jacに使用されているのですか?
A ビートパルプとはファイバー源としてすばらく、消化器の働きを活発にして消化を助けます。ビートプラップは他のファイバー源よりも値段が高いのです が、Bil・Jacはベストを使用することを選択しました。Bil・Jacは消化効率を上げるのに最高のファイバーバランスを考えています。
お問い合わせはこちらから